メルセデス・ベンツ 傑作と謳った『新型 E−Class』の魅力に迫る

メッキ加工が可能!

ベンツメッキパーツ相談室

【メルセデス・ベンツ・Eクラス】

『傑作は裏切らない』そう謳われたメルセデス・ベンツのEセグメントを代表するセダンこそがEクラス(E−Class)です。セダンの他にもステーションワゴンやクーペなども有りますが、今回はEクラス・セダンについて語っていこうと思います。

Eクラスはメルセデス・ベンツの中でも中枢的な位置づけのモデルで、始祖となるのは1936年に誕生したメルセデス・ベンツ・W136で、1953年誕生のW121が直接的な源流と言われています。そうだとすれば通算すればSクラスよりも古くから存在するモデルとなりますので、とても歴史の深い車であることが分かります。

ポジション的にはCクラスとSクラスの中間的存在で、1984年のW124はミディアムクラスと呼ばれ、その後1993年以降から今のEクラスと正式に呼称を変え認知される様になりました。W124は多彩なボディタイプの登場や、様々なニーズに対応すべく開発された4MATICと呼ばれる四輪駆動システムを導入したモデルも存在し、文字通りユーザーの足元を支える存在として重宝されていました。

現在でも引き継がれている呼称であるEクラスの『E』とは『Estate(エステート)』頭文字をとったもので、領地・地位・財産などと言った価値のあるモノを意味すると同時に、セダンやステーションワゴンを意味するドイツ語でも有ります。どれもバッチリ当てはまる相応しいネーミングで、Eクラスの存在価値を示しています。

【Eクラスの主な仕様】

新型Eクラスの仕様についてご紹介致します。ボディタイプはセダンで、今回取り上げたのは『E200 スポーツ(BSG搭載モデル)』のモノです。

〈エンジン〉

・型式:M264

・種類:DOHC 直列4気筒 ターボチャージャー付

・燃料供給方式:電子制御式燃料噴射(直噴)

・変速機:電子制御式9速AT

・総排気量:1496cc

・内径(シリンダーボア):80.4mm

・行程(ピストンストローク):73.7mm

・最高出力/回転数:135kW(184ps)/5800−6100rpm

・最大トルク/回転数:280N•m(28.6kgf•m)/3000−4000rpm

・使用燃料:無縁プレミアムガソリン

 

〈モーター〉

・型式:EM0018

・種類:交流同期電動機

・電池:リチウムイオンバッテリー

・駆動用電動機の定格出力/最高出力:8kW/10kW

・最大トルク:38N•m(3.9kgf•m)

 

〈寸法〉

・全長:4940mm

・全幅:1850mm

・全高:1455mm

・ホイールベース:2940mm

・最低地上高:130mm

・トレッド(前/後):1600mm/1590mm

・トランクスペース(VDA方式):540リットル

・車両重量:1720kg(パラノミックススライディングルーフ装着車:1760kg)

・燃料タンク容量:66リットル

・乗車定員:5名

・タイヤサイズ(前):245/40R19

・タイヤサイズ(後):275/35R19

 

〈燃料消費率(国土交通省審査値)・性能〉

・WLTCモード:12.8km/L

・市街地モード:9.4km/L

・郊外モード:13.1km/L

・高速道路モード:15.2km/L

・最小回転半径:5.4メートル

 

BSGとは『Belt−driven Starter Generator』の略称で​​、スターターをジェネレーター兼ねたモーターを強化し、エンジンのサポートを行うベンツのハイブリッドシステムです。低速時と加速時に必要な出力を電気の力で補助し、低燃費の実現はもちろんの事、ダウンサイジングを含めたパワートレインの底上げするという高効率なシステムでも有ります。

このBSGはモーター自体の最高出力こそ低いものの小型で軽量の為、既存モデルへの導入が低コストで可能です。ヨーロッパ車においても、乗用車の電装品に一般的に使用されている直流12Vを48Vへ高電圧化し、BSGとして使用するマイルドハイブリッドの採用車種が増加傾向に有ります。

【長い歴史の中で洗練されたエクステリアとAMGスタイル】

メルセデス・ベンツの中でも長い歴史を持つEクラス。その最中で様々なメーカーと凌ぎを削り切磋琢磨し合った事で、洗練されたエクステリアは現行型にして『傑作』と謳われています。その外観デザインについてじっくり見ていきます。

Eクラスセダンは全体的に流線型の美しいボディラインをしています。空気の流れを上手く作り抵抗の低いデザインの様にも感じます。また高級セダンの様な雰囲気を醸し出していながら、スポーティな印象も与えてくれています。

フロントからキャビン、テール部分に至るまでのしなやかなアプローチ、主張の少ない上品なプレスラインはサイドビューに見応えを与えてくれます。さすがメルセデスと言いたくなる様な拘りを感じざるを得ない造形となっています。

フロントの意匠はEクラスを新たに象徴する落ち着いた印象のデザインです。シンプルで有りながら曲線と直線を上手く組み合わせたヘッドライトは、力強さを感じますが緊迫する様な威圧感を感じない上品な仕上がりになっています。またフロントグリルは3Dグラフィックの様な立体的なデザインとなっており、中央にはメルセデス・ベンツの証であるスリーポインテッドスターが誇らしげに飾られています。

また、AMGデザインのMercedes−AMG E53 4MATIC+では専用グリル、フロント&リアエプロン、パワードームデザインのボンネット、デュアルエグゾーストパイプなど力強さを感じさせるアクセントの利いたエクステリアが印象的です。Eクラスの長い歴史とモータースポーツの功績を持つAMGデザインを掛け合わせた上質な作りとなっております。

その他にもAMG E53 4MATIC+は最高出力435psの3.0リッター直列6気筒直噴ターボエンジンや、独自開発の電子制御9速AT『9G−TRONIC』をAMG様に最適化したAMGスピードシフトTCTでダイナミックでレスポンスの良いドライビングが可能となりました。

【極めて上質なステアリング】

内装においてはメルセデス・ベンツで初めての試みとなる新世代ステアリングホイールを採用。本革巻きステアリングとAMGスポーツステアリングが用意され、それぞれ個性的なスポーク形状で革新的なデザインのものとなっています。ハイグロスブラックとシルバーシャドーをあしらう事で生み出された美しいコントラストは、ドライバーがコックピットに搭乗した瞬間に心が踊る事は間違い無いでしょう。また、ハンズオン検知は静電気式を採用するなど、最新テクノロジーも搭載された正に新世代ステアリングとなっています。

ちなみにモデルごとのステアリングはこの様になっております。

〈本革巻ステアリング:標準装備〉

・E200 スポーツ(BSG搭載)

・E200 4MATIC スポーツ(BSG搭載)

・E220d スポーツ

・E450 4MATIC エクスクルーシブ(ISG搭載)

 

〈AMGスポーツステアリング:標準装備〉

・E300 スポーツ

・E350e スポーツ

・​​E350de スポーツ

 

〈AMGスポーツステアリング:オプション〉

・E200 スポーツ(BSG)

・E200 4MATICスポーツ(BSG搭載)

・E220d スポーツ

【スマホライクな操作性のタッチパッドナビ】

運転席のメーターと繋がる様に配置された12.3インチのワイドスクリーンのタッチパッドナビが目を引きます。対話型のインフォテインメントシステム『MBUX』はAIによって学習し、コンシェルジュの様にドライバーをサポートしてくれます。

タッチでの操作だけではなく「ハイ!メルセデス!」と話しかければボイスコントロールによって起動。ナビはもちろん音声通話・オーディオ・メッセージなどハンズフリーで操作が可能です。

またセンターコンソールにはQi規格対応のコードレス充電器が搭載されており、スマートフォンを置いておくだけで、充電が出来ます。煩わしい配線を排除する事で移動中に安全且つスマートに充電が可能です。充電スペース自体も、小物入れのカバー内にあるのでごちゃついた感じにならず、蓋を閉めればすっきりした見た目になります。

【新次元の安全機能『インテリジェントドライブ』】

メルセデス・ベンツが「かつてないレベルで自動運転へと近づいた」と豪語する新安全機能『インテリジェントドライブ』。究極のゴールとまで言われたアクシデントフリーシステムによって、ドライバーを安全にサポートしてくれます。

前後左右に搭載された検知レーダーとステレオカメラなど、最先端のセンサーシステムを搭載し、車体の全方位をカバー。抜かりなくセーフティドライビングをアシストしてくれます。

アクティブディスタンスアシスト・ディストロニックは街乗りや高速道路などの様々なシュチュエーションでも手をステアリングに手を添えるだけでレーンキープや前方車両とのディスタンスを自動で維持してくれます。革新的なテクノロジーの粋を極めた事で、メルセデス・ベンツなりに自動運転へ大きなアプローチとなりました。

【ドライビングスタイルに合わせられるエンジンバリエーション】

Eクラスにおけるエンジンバリエーションは多彩で、ライフスタイル・ドライビングスタイルによって好みエンジンチョイスが可能です。

・3.0リッター直列6気筒ターボエンジン(型式:M256)

・1.5リッター直列4気筒ターボエンジン(型式:M264)

・2.0リッター直噴ターボエンジン(型式:264M20)

・2.0リッター直噴ターボディーゼルエンジン(型式:0M654)

それぞれ個性のあるエンジンで、モデル毎に違ったフィーリングが楽しめます。

【ベンツの傑作に乗るという至福の時間】

如何でしたでしょうか。メルセデス・ベンツEクラスが魅力ある1台なのは既知の事実ですが、今回改めてその魅力を語らせてもらいました。

世界でもTOPブランドのベンツが傑作と豪語したEクラスに乗って至福の時間を過ごして見ては如何でしょうか。以上メルセデス・ベンツ『Eクラス』のご紹介でした。

ベンツメッキモールが日本の気候にはあわない!?

知っていましたか?ベンツのメッキモールが日本の気候に合わないこと

ベンツメッキモールの腐食対策【ベンツ用メッキング】

メルセデスメッキモールに白い腐食が発生する前に、メッキ保護剤「メッキング」が絶対的にお勧め!

ベンツのメッキ部分にはメッキングが塗布することで腐食防止効果があります。

メッキング画像

いますぐ注文する

 

メッキ磨きなら「ミガキング

ミガキングで磨く

ミガキング001

ミガキングは、鏡面クロムメッキ磨き剤です。

ベンツのアルマイトモールには、それほど絶大な効果は発揮いたしません。

(初期の腐食の軽めくらいのものであればミガキングでもとれますが、アルマイトモールの腐食は基本ペーパーでガリガリ削らないととれないです。)

いますぐ注文する

メッキ加工の事ならNAKARAI

メッキ工房NAKARAI

ベンツロアグリルセンタークロムメッキ参考例

メルセデスベンツ C63s edition1 ロアグリルセンターメッキ前

クロムメッキ前

メルセデスベンツ C63s edition1 ロアグリルセンターメッキ後

クロムメッキ後

ナカライメッキに問い合わせ

 

 

クロムメッキの事についてもっと知りたい方は

電気メッキイラスト図

装飾クロム参考画像・バイクカバー

詳しくはこちら:クロムメッキの全てが解る

 

   ! ッメッキのNAKARAI   
ナカライメッキで決まり!
メッキ加工が可能!

メルセデス・ベンツ 傑作と謳った『新型 E−Class』の魅力に迫る

ベンツメッキパーツ相談室

【メルセデス・ベンツ・Eクラス】

『傑作は裏切らない』そう謳われたメルセデス・ベンツのEセグメントを代表するセダンこそがEクラス(E−Class)です。セダンの他にもステーションワゴンやクーペなども有りますが、今回はEクラス・セダンについて語っていこうと思います。

Eクラスはメルセデス・ベンツの中でも中枢的な位置づけのモデルで、始祖となるのは1936年に誕生したメルセデス・ベンツ・W136で、1953年誕生のW121が直接的な源流と言われています。そうだとすれば通算すればSクラスよりも古くから存在するモデルとなりますので、とても歴史の深い車であることが分かります。

ポジション的にはCクラスとSクラスの中間的存在で、1984年のW124はミディアムクラスと呼ばれ、その後1993年以降から今のEクラスと正式に呼称を変え認知される様になりました。W124は多彩なボディタイプの登場や、様々なニーズに対応すべく開発された4MATICと呼ばれる四輪駆動システムを導入したモデルも存在し、文字通りユーザーの足元を支える存在として重宝されていました。

現在でも引き継がれている呼称であるEクラスの『E』とは『Estate(エステート)』頭文字をとったもので、領地・地位・財産などと言った価値のあるモノを意味すると同時に、セダンやステーションワゴンを意味するドイツ語でも有ります。どれもバッチリ当てはまる相応しいネーミングで、Eクラスの存在価値を示しています。

【Eクラスの主な仕様】

新型Eクラスの仕様についてご紹介致します。ボディタイプはセダンで、今回取り上げたのは『E200 スポーツ(BSG搭載モデル)』のモノです。

〈エンジン〉

・型式:M264

・種類:DOHC 直列4気筒 ターボチャージャー付

・燃料供給方式:電子制御式燃料噴射(直噴)

・変速機:電子制御式9速AT

・総排気量:1496cc

・内径(シリンダーボア):80.4mm

・行程(ピストンストローク):73.7mm

・最高出力/回転数:135kW(184ps)/5800−6100rpm

・最大トルク/回転数:280N•m(28.6kgf•m)/3000−4000rpm

・使用燃料:無縁プレミアムガソリン

 

〈モーター〉

・型式:EM0018

・種類:交流同期電動機

・電池:リチウムイオンバッテリー

・駆動用電動機の定格出力/最高出力:8kW/10kW

・最大トルク:38N•m(3.9kgf•m)

 

〈寸法〉

・全長:4940mm

・全幅:1850mm

・全高:1455mm

・ホイールベース:2940mm

・最低地上高:130mm

・トレッド(前/後):1600mm/1590mm

・トランクスペース(VDA方式):540リットル

・車両重量:1720kg(パラノミックススライディングルーフ装着車:1760kg)

・燃料タンク容量:66リットル

・乗車定員:5名

・タイヤサイズ(前):245/40R19

・タイヤサイズ(後):275/35R19

 

〈燃料消費率(国土交通省審査値)・性能〉

・WLTCモード:12.8km/L

・市街地モード:9.4km/L

・郊外モード:13.1km/L

・高速道路モード:15.2km/L

・最小回転半径:5.4メートル

 

BSGとは『Belt−driven Starter Generator』の略称で​​、スターターをジェネレーター兼ねたモーターを強化し、エンジンのサポートを行うベンツのハイブリッドシステムです。低速時と加速時に必要な出力を電気の力で補助し、低燃費の実現はもちろんの事、ダウンサイジングを含めたパワートレインの底上げするという高効率なシステムでも有ります。

このBSGはモーター自体の最高出力こそ低いものの小型で軽量の為、既存モデルへの導入が低コストで可能です。ヨーロッパ車においても、乗用車の電装品に一般的に使用されている直流12Vを48Vへ高電圧化し、BSGとして使用するマイルドハイブリッドの採用車種が増加傾向に有ります。

【長い歴史の中で洗練されたエクステリアとAMGスタイル】

メルセデス・ベンツの中でも長い歴史を持つEクラス。その最中で様々なメーカーと凌ぎを削り切磋琢磨し合った事で、洗練されたエクステリアは現行型にして『傑作』と謳われています。その外観デザインについてじっくり見ていきます。

Eクラスセダンは全体的に流線型の美しいボディラインをしています。空気の流れを上手く作り抵抗の低いデザインの様にも感じます。また高級セダンの様な雰囲気を醸し出していながら、スポーティな印象も与えてくれています。

フロントからキャビン、テール部分に至るまでのしなやかなアプローチ、主張の少ない上品なプレスラインはサイドビューに見応えを与えてくれます。さすがメルセデスと言いたくなる様な拘りを感じざるを得ない造形となっています。

フロントの意匠はEクラスを新たに象徴する落ち着いた印象のデザインです。シンプルで有りながら曲線と直線を上手く組み合わせたヘッドライトは、力強さを感じますが緊迫する様な威圧感を感じない上品な仕上がりになっています。またフロントグリルは3Dグラフィックの様な立体的なデザインとなっており、中央にはメルセデス・ベンツの証であるスリーポインテッドスターが誇らしげに飾られています。

また、AMGデザインのMercedes−AMG E53 4MATIC+では専用グリル、フロント&リアエプロン、パワードームデザインのボンネット、デュアルエグゾーストパイプなど力強さを感じさせるアクセントの利いたエクステリアが印象的です。Eクラスの長い歴史とモータースポーツの功績を持つAMGデザインを掛け合わせた上質な作りとなっております。

その他にもAMG E53 4MATIC+は最高出力435psの3.0リッター直列6気筒直噴ターボエンジンや、独自開発の電子制御9速AT『9G−TRONIC』をAMG様に最適化したAMGスピードシフトTCTでダイナミックでレスポンスの良いドライビングが可能となりました。

【極めて上質なステアリング】

内装においてはメルセデス・ベンツで初めての試みとなる新世代ステアリングホイールを採用。本革巻きステアリングとAMGスポーツステアリングが用意され、それぞれ個性的なスポーク形状で革新的なデザインのものとなっています。ハイグロスブラックとシルバーシャドーをあしらう事で生み出された美しいコントラストは、ドライバーがコックピットに搭乗した瞬間に心が踊る事は間違い無いでしょう。また、ハンズオン検知は静電気式を採用するなど、最新テクノロジーも搭載された正に新世代ステアリングとなっています。

ちなみにモデルごとのステアリングはこの様になっております。

〈本革巻ステアリング:標準装備〉

・E200 スポーツ(BSG搭載)

・E200 4MATIC スポーツ(BSG搭載)

・E220d スポーツ

・E450 4MATIC エクスクルーシブ(ISG搭載)

 

〈AMGスポーツステアリング:標準装備〉

・E300 スポーツ

・E350e スポーツ

・​​E350de スポーツ

 

〈AMGスポーツステアリング:オプション〉

・E200 スポーツ(BSG)

・E200 4MATICスポーツ(BSG搭載)

・E220d スポーツ

【スマホライクな操作性のタッチパッドナビ】

運転席のメーターと繋がる様に配置された12.3インチのワイドスクリーンのタッチパッドナビが目を引きます。対話型のインフォテインメントシステム『MBUX』はAIによって学習し、コンシェルジュの様にドライバーをサポートしてくれます。

タッチでの操作だけではなく「ハイ!メルセデス!」と話しかければボイスコントロールによって起動。ナビはもちろん音声通話・オーディオ・メッセージなどハンズフリーで操作が可能です。

またセンターコンソールにはQi規格対応のコードレス充電器が搭載されており、スマートフォンを置いておくだけで、充電が出来ます。煩わしい配線を排除する事で移動中に安全且つスマートに充電が可能です。充電スペース自体も、小物入れのカバー内にあるのでごちゃついた感じにならず、蓋を閉めればすっきりした見た目になります。

【新次元の安全機能『インテリジェントドライブ』】

メルセデス・ベンツが「かつてないレベルで自動運転へと近づいた」と豪語する新安全機能『インテリジェントドライブ』。究極のゴールとまで言われたアクシデントフリーシステムによって、ドライバーを安全にサポートしてくれます。

前後左右に搭載された検知レーダーとステレオカメラなど、最先端のセンサーシステムを搭載し、車体の全方位をカバー。抜かりなくセーフティドライビングをアシストしてくれます。

アクティブディスタンスアシスト・ディストロニックは街乗りや高速道路などの様々なシュチュエーションでも手をステアリングに手を添えるだけでレーンキープや前方車両とのディスタンスを自動で維持してくれます。革新的なテクノロジーの粋を極めた事で、メルセデス・ベンツなりに自動運転へ大きなアプローチとなりました。

【ドライビングスタイルに合わせられるエンジンバリエーション】

Eクラスにおけるエンジンバリエーションは多彩で、ライフスタイル・ドライビングスタイルによって好みエンジンチョイスが可能です。

・3.0リッター直列6気筒ターボエンジン(型式:M256)

・1.5リッター直列4気筒ターボエンジン(型式:M264)

・2.0リッター直噴ターボエンジン(型式:264M20)

・2.0リッター直噴ターボディーゼルエンジン(型式:0M654)

それぞれ個性のあるエンジンで、モデル毎に違ったフィーリングが楽しめます。

【ベンツの傑作に乗るという至福の時間】

如何でしたでしょうか。メルセデス・ベンツEクラスが魅力ある1台なのは既知の事実ですが、今回改めてその魅力を語らせてもらいました。

世界でもTOPブランドのベンツが傑作と豪語したEクラスに乗って至福の時間を過ごして見ては如何でしょうか。以上メルセデス・ベンツ『Eクラス』のご紹介でした。

ベンツメッキモールが日本の気候にはあわない!?

知っていましたか?ベンツのメッキモールが日本の気候に合わないこと

ベンツメッキモールの腐食対策【ベンツ用メッキング】

メルセデスメッキモールに白い腐食が発生する前に、メッキ保護剤「メッキング」が絶対的にお勧め!

ベンツのメッキ部分にはメッキングが塗布することで腐食防止効果があります。

メッキング画像

いますぐ注文する

 

メッキ磨きなら「ミガキング

ミガキングで磨く

ミガキング001

ミガキングは、鏡面クロムメッキ磨き剤です。

ベンツのアルマイトモールには、それほど絶大な効果は発揮いたしません。

(初期の腐食の軽めくらいのものであればミガキングでもとれますが、アルマイトモールの腐食は基本ペーパーでガリガリ削らないととれないです。)

いますぐ注文する

メッキ加工の事ならNAKARAI

メッキ工房NAKARAI

ベンツロアグリルセンタークロムメッキ参考例

メルセデスベンツ C63s edition1 ロアグリルセンターメッキ前

クロムメッキ前

メルセデスベンツ C63s edition1 ロアグリルセンターメッキ後

クロムメッキ後

ナカライメッキに問い合わせ

 

 

クロムメッキの事についてもっと知りたい方は

電気メッキイラスト図

装飾クロム参考画像・バイクカバー

詳しくはこちら:クロムメッキの全てが解る

 

クロムメッキ加工が可能です!