キャデラックエスカレードの維持費や燃費は?気になる人気モデルや魅力に迫る

メッキ加工が可能!

フロントグリルにもメッキング

エスカレード(ESCALADE)は、アメリカのGMが開発・製造、キャデラックブランドで販売しているフルサイズ高級SUVです。
エスカレードは、フォードのリンカーンナビゲーターやトヨタのSUV レクサスRXを端とする高級SUV市場GMが送り込んだ高級SUVです。
日本においては、2代目から正規輸入されました。三井物産オートモーティブにより輸入・販売が行われていた時期もありますが現在ではGMジャパンが輸入を行っています。
日本への正規輸入開始時はベースグレードのみでしたが、GMジャパン取扱開始時に最上級グレード「プラチナム」を追加され、現在では「プラチナム」と「スポーツ」の2車種が正規輸入されています。
現在では一般的な高級ブランドメーカーだけでなく、ベントレーなどの超高級メーカーやランボルギーニやポルシェなどのスーパースポーツーブランドまで高級SUVを販売しています。
しかし、1990年代後半まではSUV、特にオフロード性能の高いラダーフレームを持つクロスカントリー車での高級車は特殊なものでした。
高級SUVブームの先駆けと言えばレンジローバーですが、一般への火付け役はレクサス RXなどクロスオーバーSUVだと言えます。
アメリカ国内ではレクサスRXとは別にフォードのリンカーンナビゲーターがフルサイズ高級SUVというジャンルを切り開いたといえます。
このリンカーンナビゲーターは、同社のエクスペディションをベースとしています。
ラダーフレームを持つクロスカントリー四駆がベースであるという特徴を持っており、エスカレードも同様の成り立ちになります。

・キャデラックエスカレード
★ベース車両はタホ/ユーコン
★最先端装備

クロスカントリー四駆の高級化

キャデラックエスカレードはGMのシボレー タホ / GMC ユーコンがベースとなる車両です。
豪華さで言えばシボレー タホ、GMC ユニコーンそして頂点に君臨するのがエスカレードとなります。
この3台は実は概ね同じ部品を構成で、違いはブランド名とフロントグリルやライトに代表されるエクステリアに加えインテリアの高級化といったところでしょう。
エスカレードはベース車両から、これらの変更を受け1999年GMグループの高級車部門“キャデラック”からデビューしました。
付け加えておけば、シボレー タホは決して貧相な車ではなく、一般的なレベルで見ると相当豪華な車両です。エスカレードはそれをさらに高級化したものとなります。
では、最新型のエスカレードの機能や装備について触れておきましょう。

‥快適な広いスペースと安心のサポート機能

エスカレードは全長5m、全幅2mを超える巨大なボディです。
車内空間は十分なものであり、3列目のシートであっても乗降性には問題はありません。
また、電動格納シートを装備しており、最新型では722リットルもの広大なラゲッジスペース誇ります。
テールゲートは今や主流である「ハンズフリープログラマブルパワーリフトゲート」を装備しており、これに加えてちょっとした荷物の出し入れにも便利なガラスハッチはうれしい装備です。
大柄な車体で心配な駐車も「オートマチックパーキングアシスト」が装備されているので初めての方でも駐車に困るということは無いでしょう。

最先端のインテリア

まず目を引くのはダッシュボードに鎮座する38インチの投影エリアを備えた「湾曲型OLEDディスプレイ」です。
初めてテスラを見た時も先進的なムードを感じましたが、エスカレードは今までにない、画像だけでは伝わることの出来ない先進的なムードを感じさせます。
またAKGがキャデラックの為に専用に開発した「AKG製オーディオシステム」は、最上級のオプションとして28チャンネル仕様のアンプを3基搭載。
これを、36個のスピーカーで構成するというもはや車内での音響と呼ぶことを憚られるような音響空間を提供してくれています。
また広いキャビン内の会話のやり取りをサポートする音声入力マイク機能もあり、スピーカーと連動することによりキャビン内で潤滑なコミュニケーションが取れるようになっています。
2列目シートに、2基備えられる12.6インチタッチディスプレイはHDMI等外部入力に対応しており、ミラーリング等により音楽や映像、ゲームを楽しめる空間を提供してくれます。

高級且つスポーティーなエクステリアと独特の可変サスペンション

無骨とも表現できるベース車両のエクステリアにモダンなデザイン要素がミックスされたエクステリアは、スポーティーの中に圧倒的な存在感を有しています。
乗り心地、ステアリングレスポンス、ドライビングのコントロール性を格段に向上させた新開発のリアサスペンション、アダプティブエアライドサスペンションを装備しています。
但しこれらの装備による卓越した走行性能はどちらかというとオンロードにおいての快適性というベクトルだということを認識しておきましょう。

圧倒的なパワーのV8エンジン

最新モデルのパワートレインには、エレクトロニックシフトコントロールを備えた10速オートマチック・トランスミッションが採用されます。
6.2L 気筒休止機構付直噴V8OHVエンジン(可変バルブタイミング機能付)は、最高出力313kW(426馬力)、最大トルク623N・m(63.6kg・m)の圧倒的パワーを発生し加速性、燃費性能を両立させました。

キャデラックエスカレードに乗る

フルサイズ高級アメリカンSUVを所有するにあたって、一番気になるのは維持費でしょう。
では、キャデラックエスカレードの維持費はどれくらいかかるのでしょうか?

★燃費
★オイル漏れ
★冷却トラブル
★電気系統
‥意外と伸びる燃費

先代の4代目から、 気筒休止機構付直噴エンジンが採用され思ったより燃費はいいようです。
街乗りで6㎞/ℓ前後という方が多く、現代の基準からすれば悪いと感じられる方もいらっしゃると思いますが、2トンを優に超える車重を6.2リットルエンジンで走らせてのこの燃費はむしろ優秀と言えます。

燃費以外の維持費

故障も気になるでしょうが、毎年必ず必要になるのが自動車税です。
これは、ほぼ軽四自動車10台分となる11万円となります。
これに加えて日本車より故障率が多いと言われるキャデラックですが、定番のトラブルとしてエンジンオイル漏れがあります。
頑丈なOHVエンジンですが、およそ5万km以上になるとオイル漏れを起こす傾向にあるようです。
また、冷却系のトラブルも定番の故障です。
ホースのジョイント部分が劣化して冷却液が漏れるケースが多くこれは、キャデラックエスカレードに限らず輸入車では頻繁に見られるトラブルです。
使用環境の違いによるものが多く、特に日本の厳しい環境では各パーツの劣化が激しいようです。
もう一つキャデラックエスカレードの定番トラブルには電気系統が故障あります。
特に多いのがエアコンのコンプレッサーの故障です。現在の環境を考えると胡麻化して延命を図るよりも、交換が適切な処理と言えるでしょう。
各修理費用は概ね20万円程度と思われますが、場合によってはそれ以上の修理費が必要となる場合もあります。
パーツの劣化によって起こる故障は防ぎようが無いのですが、日ごろのメンテナンスを行うことによって、突然のトラブルは回避でき、より重大なトラブルを防ぐことが出来るでしょう。

キャデラックエスカレードの魅力

燃費や維持費等少しネガティブな情報となってしまいましたが、これを十分に消化させてくれる魅力がキャデラックエスカレードには存在します。
装備は年代によって異なるものの、時代の最先端であったものが搭載され、不満に思うことは無いでしょう。
そして時代に左右されない存在感と乗り心地は、他に類のないものということが出来ます。

キャデラックエスカレードの人気モデル

GMの高級ブランドキャデラックのフラッグシップSUVとなるキャデラックエスカレードです。
中古車と言え一般の車両に比べ高い価格帯となっています。
3代目になれば価格もこなれ、手軽にフルサイズの高級アメリカンSUVをと考えている方に人気の様です。
長く乗ることを考えれば4代目でしょう。価格は500万円を切るものは未だ少ないですが、燃費や維持を考えれば、4代目となります。
初代は流石に見かけることは少なくなりましたが、2代目は未だ結構な台数が流通しています。
15年以上前の車両が流通していることを考えると長くしっかりと維持することが出来る車両と言えるのかもしれません。
いずれにしても、キャデラックエスカレードは世代を問わず高級感を味わえるアメリカンSUVなのです。

愛車はどのKING?

KINGチャート05

いますぐ注文する

クロムメッキの弱点克服でメッキの輝き持続力UP↑

フロントグリルにもメッキング

クロムメッキには目にみえない無数のミクロン単位の穴があいており、そこから水や埃がはいり、クロムメッキが錆びるよりも前に、下地のメッキが錆びてきてしまいます。

ウオータースポットの発生→点錆び→メッキがめくれるくらいの錆びになってしまいます。

錆びてきていない初期の段階で、この穴を埋める事を強くお勧めいたします。

穴を埋める事で、クロムメッキの穴を埋める事で耐食性が上がます。

クロームメッキが錆びる原因【構造

メッキングの効果

メッキング画像

メッキング愛用者の声

「ディーラーの人にメッキがなんか違う気がするんですけど?」と言われました。

ヴェルファイアにメッキング

メッキング施工後ディーラーに用事があり乗って行くと ディーラーの人にメッキがなんか違う気がするんですけど?と言われました。それはメッキングをしたからです!と言いました!

新車から施工しましたがやっぱり見た目から違うんだなと感動しました!

メッキの一番のケミカル用品は間違いなくナカライさんの商品だと思います。

拭き取りクロス類も別発注して大事に使っています! ケミカル用品はワコーズとシュアラスターしか使わないと決めていましたがナカライさんも使わせて頂きますね!!

使用車種ヴェルファイアG's N様

車用のコーティング剤とメッキングの違い

車のガラスコーティング剤の多くは、ボディーを意識して作られておりますので、短期間で広い面積をコーティングしやすい組成になっているものが多く、イメージセロハンテープ状にコーティングされるが、メッキング被膜は、クロムメッキにあいている穴を埋める事を目的として作っておりますので、粒子の細かい被膜が手と手をとりあって穴を埋めながらコーティングするというイメージになります。

(車のコーティング剤の全てがそのような組成ではないです。あくまで一例です)

車用のガラスコーティングイメージ図

ガラスコーティング被膜

セロハンテープ状に被膜が形成されるものが多い。塗装の被膜に近く塗装被膜がめくれる時をイメージしていただけるとわかりやすいと思います。

メッキング被膜イメージ図

メッキング被膜

メッキング被膜は粒子の細かい被膜が手と手をとりあって穴を埋めながらコーティングするイメージで、はがれる時は、人間の垢みたいに、部分にボロボロとめくれる感じになります。

メッキング被膜の効果

※メッキングは1コートで半年もちますので、最初2~3回は1か月に一度くらいを目安に重ね塗布し。その後は半年に1度に塗布することをおすすめいたます。

メッキングが重ね塗布が有効な理由

  1. メッキング重ね塗布1回目
  2. メッキング重ね塗布2回目
  3. 重ね塗布3回目

メッキング被膜は薄い被膜を重ね塗布、重ね塗布することでメッキ面の鏡面度が改善されていきます。クロムメッキ用の光沢剤も配合していますで、薄く被膜を重ね塗布、重ね塗布することで光沢がUPしていきます

厚付けは不可、厚く塗布することで耐食性はあがりますが、鏡面度が改善できなくなるうえにムラムラになってしまいます。鏡面メッキでなく、見た目よりも耐食性をあげたいパーツは厚くたっぷり塗布していただいても問題ありません。

■見た目重視の場合は薄く

■見た目よりも耐食性重視の場合は厚く

メッキングが塗装NGの理由

メッキングは構造上、短期間に広い面積のコーティングを必要とする塗装面だと、メッキング被膜がよけいムラになりやすく、ムラを見逃した場合、とるのが大変なため、塗装面はメッキングNGとさせていただいております。

自分の車のボディー塗装面にメッキング被膜を大量塗布したところ、ムラムラ被膜が5年くらい残ってしまいました。

メッキ加工の事ならNAKARAI

メッキ工房NAKARAI

フロントグリルをクロムメッキしましまた。

ナカライメッキに問い合わせ

 

メッキコーティングならメッキング

メッキのコーティング(保護剤)なら今話題のメッキング!【効果絶大】

メッキング画像

 

メッキ磨きならミガキング

ミガキングで磨く

ミガキング001

メッキサビ取りならサビトリキング

愛車のメッキ錆を綺麗に落とす方法&予防策【プロ解説】

サビトリキング画像

 

史上最鏡ケミカルを購入する

メッキの手入れは、メッキング&サビトリキングがおすすめです。

3つのKING

いますぐ注文する

 

メッキパーツの悩み相談なら

■メッキが剥がれた

■メッキのくみすがとれない

クロムメッキが剥がれた

詳しくは:メッキパーツ相談室まで

 

クロムメッキの事についてもっと知りたい方は

電気メッキイラスト図

装飾クロム参考画像・バイクカバー

詳しくはこちら:クロムメッキの全てが解る

   ! ッメッキのNAKARAI   
ナカライメッキで決まり!
メッキ加工が可能!

キャデラックエスカレードの維持費や燃費は?気になる人気モデルや魅力に迫る

フロントグリルにもメッキング

エスカレード(ESCALADE)は、アメリカのGMが開発・製造、キャデラックブランドで販売しているフルサイズ高級SUVです。
エスカレードは、フォードのリンカーンナビゲーターやトヨタのSUV レクサスRXを端とする高級SUV市場GMが送り込んだ高級SUVです。
日本においては、2代目から正規輸入されました。三井物産オートモーティブにより輸入・販売が行われていた時期もありますが現在ではGMジャパンが輸入を行っています。
日本への正規輸入開始時はベースグレードのみでしたが、GMジャパン取扱開始時に最上級グレード「プラチナム」を追加され、現在では「プラチナム」と「スポーツ」の2車種が正規輸入されています。
現在では一般的な高級ブランドメーカーだけでなく、ベントレーなどの超高級メーカーやランボルギーニやポルシェなどのスーパースポーツーブランドまで高級SUVを販売しています。
しかし、1990年代後半まではSUV、特にオフロード性能の高いラダーフレームを持つクロスカントリー車での高級車は特殊なものでした。
高級SUVブームの先駆けと言えばレンジローバーですが、一般への火付け役はレクサス RXなどクロスオーバーSUVだと言えます。
アメリカ国内ではレクサスRXとは別にフォードのリンカーンナビゲーターがフルサイズ高級SUVというジャンルを切り開いたといえます。
このリンカーンナビゲーターは、同社のエクスペディションをベースとしています。
ラダーフレームを持つクロスカントリー四駆がベースであるという特徴を持っており、エスカレードも同様の成り立ちになります。

・キャデラックエスカレード
★ベース車両はタホ/ユーコン
★最先端装備

クロスカントリー四駆の高級化

キャデラックエスカレードはGMのシボレー タホ / GMC ユーコンがベースとなる車両です。
豪華さで言えばシボレー タホ、GMC ユニコーンそして頂点に君臨するのがエスカレードとなります。
この3台は実は概ね同じ部品を構成で、違いはブランド名とフロントグリルやライトに代表されるエクステリアに加えインテリアの高級化といったところでしょう。
エスカレードはベース車両から、これらの変更を受け1999年GMグループの高級車部門“キャデラック”からデビューしました。
付け加えておけば、シボレー タホは決して貧相な車ではなく、一般的なレベルで見ると相当豪華な車両です。エスカレードはそれをさらに高級化したものとなります。
では、最新型のエスカレードの機能や装備について触れておきましょう。

‥快適な広いスペースと安心のサポート機能

エスカレードは全長5m、全幅2mを超える巨大なボディです。
車内空間は十分なものであり、3列目のシートであっても乗降性には問題はありません。
また、電動格納シートを装備しており、最新型では722リットルもの広大なラゲッジスペース誇ります。
テールゲートは今や主流である「ハンズフリープログラマブルパワーリフトゲート」を装備しており、これに加えてちょっとした荷物の出し入れにも便利なガラスハッチはうれしい装備です。
大柄な車体で心配な駐車も「オートマチックパーキングアシスト」が装備されているので初めての方でも駐車に困るということは無いでしょう。

最先端のインテリア

まず目を引くのはダッシュボードに鎮座する38インチの投影エリアを備えた「湾曲型OLEDディスプレイ」です。
初めてテスラを見た時も先進的なムードを感じましたが、エスカレードは今までにない、画像だけでは伝わることの出来ない先進的なムードを感じさせます。
またAKGがキャデラックの為に専用に開発した「AKG製オーディオシステム」は、最上級のオプションとして28チャンネル仕様のアンプを3基搭載。
これを、36個のスピーカーで構成するというもはや車内での音響と呼ぶことを憚られるような音響空間を提供してくれています。
また広いキャビン内の会話のやり取りをサポートする音声入力マイク機能もあり、スピーカーと連動することによりキャビン内で潤滑なコミュニケーションが取れるようになっています。
2列目シートに、2基備えられる12.6インチタッチディスプレイはHDMI等外部入力に対応しており、ミラーリング等により音楽や映像、ゲームを楽しめる空間を提供してくれます。

高級且つスポーティーなエクステリアと独特の可変サスペンション

無骨とも表現できるベース車両のエクステリアにモダンなデザイン要素がミックスされたエクステリアは、スポーティーの中に圧倒的な存在感を有しています。
乗り心地、ステアリングレスポンス、ドライビングのコントロール性を格段に向上させた新開発のリアサスペンション、アダプティブエアライドサスペンションを装備しています。
但しこれらの装備による卓越した走行性能はどちらかというとオンロードにおいての快適性というベクトルだということを認識しておきましょう。

圧倒的なパワーのV8エンジン

最新モデルのパワートレインには、エレクトロニックシフトコントロールを備えた10速オートマチック・トランスミッションが採用されます。
6.2L 気筒休止機構付直噴V8OHVエンジン(可変バルブタイミング機能付)は、最高出力313kW(426馬力)、最大トルク623N・m(63.6kg・m)の圧倒的パワーを発生し加速性、燃費性能を両立させました。

キャデラックエスカレードに乗る

フルサイズ高級アメリカンSUVを所有するにあたって、一番気になるのは維持費でしょう。
では、キャデラックエスカレードの維持費はどれくらいかかるのでしょうか?

★燃費
★オイル漏れ
★冷却トラブル
★電気系統
‥意外と伸びる燃費

先代の4代目から、 気筒休止機構付直噴エンジンが採用され思ったより燃費はいいようです。
街乗りで6㎞/ℓ前後という方が多く、現代の基準からすれば悪いと感じられる方もいらっしゃると思いますが、2トンを優に超える車重を6.2リットルエンジンで走らせてのこの燃費はむしろ優秀と言えます。

燃費以外の維持費

故障も気になるでしょうが、毎年必ず必要になるのが自動車税です。
これは、ほぼ軽四自動車10台分となる11万円となります。
これに加えて日本車より故障率が多いと言われるキャデラックですが、定番のトラブルとしてエンジンオイル漏れがあります。
頑丈なOHVエンジンですが、およそ5万km以上になるとオイル漏れを起こす傾向にあるようです。
また、冷却系のトラブルも定番の故障です。
ホースのジョイント部分が劣化して冷却液が漏れるケースが多くこれは、キャデラックエスカレードに限らず輸入車では頻繁に見られるトラブルです。
使用環境の違いによるものが多く、特に日本の厳しい環境では各パーツの劣化が激しいようです。
もう一つキャデラックエスカレードの定番トラブルには電気系統が故障あります。
特に多いのがエアコンのコンプレッサーの故障です。現在の環境を考えると胡麻化して延命を図るよりも、交換が適切な処理と言えるでしょう。
各修理費用は概ね20万円程度と思われますが、場合によってはそれ以上の修理費が必要となる場合もあります。
パーツの劣化によって起こる故障は防ぎようが無いのですが、日ごろのメンテナンスを行うことによって、突然のトラブルは回避でき、より重大なトラブルを防ぐことが出来るでしょう。

キャデラックエスカレードの魅力

燃費や維持費等少しネガティブな情報となってしまいましたが、これを十分に消化させてくれる魅力がキャデラックエスカレードには存在します。
装備は年代によって異なるものの、時代の最先端であったものが搭載され、不満に思うことは無いでしょう。
そして時代に左右されない存在感と乗り心地は、他に類のないものということが出来ます。

キャデラックエスカレードの人気モデル

GMの高級ブランドキャデラックのフラッグシップSUVとなるキャデラックエスカレードです。
中古車と言え一般の車両に比べ高い価格帯となっています。
3代目になれば価格もこなれ、手軽にフルサイズの高級アメリカンSUVをと考えている方に人気の様です。
長く乗ることを考えれば4代目でしょう。価格は500万円を切るものは未だ少ないですが、燃費や維持を考えれば、4代目となります。
初代は流石に見かけることは少なくなりましたが、2代目は未だ結構な台数が流通しています。
15年以上前の車両が流通していることを考えると長くしっかりと維持することが出来る車両と言えるのかもしれません。
いずれにしても、キャデラックエスカレードは世代を問わず高級感を味わえるアメリカンSUVなのです。

愛車はどのKING?

KINGチャート05

いますぐ注文する

クロムメッキの弱点克服でメッキの輝き持続力UP↑

フロントグリルにもメッキング

クロムメッキには目にみえない無数のミクロン単位の穴があいており、そこから水や埃がはいり、クロムメッキが錆びるよりも前に、下地のメッキが錆びてきてしまいます。

ウオータースポットの発生→点錆び→メッキがめくれるくらいの錆びになってしまいます。

錆びてきていない初期の段階で、この穴を埋める事を強くお勧めいたします。

穴を埋める事で、クロムメッキの穴を埋める事で耐食性が上がます。

クロームメッキが錆びる原因【構造

メッキングの効果

メッキング画像

メッキング愛用者の声

「ディーラーの人にメッキがなんか違う気がするんですけど?」と言われました。

ヴェルファイアにメッキング

メッキング施工後ディーラーに用事があり乗って行くと ディーラーの人にメッキがなんか違う気がするんですけど?と言われました。それはメッキングをしたからです!と言いました!

新車から施工しましたがやっぱり見た目から違うんだなと感動しました!

メッキの一番のケミカル用品は間違いなくナカライさんの商品だと思います。

拭き取りクロス類も別発注して大事に使っています! ケミカル用品はワコーズとシュアラスターしか使わないと決めていましたがナカライさんも使わせて頂きますね!!

使用車種ヴェルファイアG's N様

車用のコーティング剤とメッキングの違い

車のガラスコーティング剤の多くは、ボディーを意識して作られておりますので、短期間で広い面積をコーティングしやすい組成になっているものが多く、イメージセロハンテープ状にコーティングされるが、メッキング被膜は、クロムメッキにあいている穴を埋める事を目的として作っておりますので、粒子の細かい被膜が手と手をとりあって穴を埋めながらコーティングするというイメージになります。

(車のコーティング剤の全てがそのような組成ではないです。あくまで一例です)

車用のガラスコーティングイメージ図

ガラスコーティング被膜

セロハンテープ状に被膜が形成されるものが多い。塗装の被膜に近く塗装被膜がめくれる時をイメージしていただけるとわかりやすいと思います。

メッキング被膜イメージ図

メッキング被膜

メッキング被膜は粒子の細かい被膜が手と手をとりあって穴を埋めながらコーティングするイメージで、はがれる時は、人間の垢みたいに、部分にボロボロとめくれる感じになります。

メッキング被膜の効果

※メッキングは1コートで半年もちますので、最初2~3回は1か月に一度くらいを目安に重ね塗布し。その後は半年に1度に塗布することをおすすめいたます。

メッキングが重ね塗布が有効な理由

  1. メッキング重ね塗布1回目
  2. メッキング重ね塗布2回目
  3. 重ね塗布3回目

メッキング被膜は薄い被膜を重ね塗布、重ね塗布することでメッキ面の鏡面度が改善されていきます。クロムメッキ用の光沢剤も配合していますで、薄く被膜を重ね塗布、重ね塗布することで光沢がUPしていきます

厚付けは不可、厚く塗布することで耐食性はあがりますが、鏡面度が改善できなくなるうえにムラムラになってしまいます。鏡面メッキでなく、見た目よりも耐食性をあげたいパーツは厚くたっぷり塗布していただいても問題ありません。

■見た目重視の場合は薄く

■見た目よりも耐食性重視の場合は厚く

メッキングが塗装NGの理由

メッキングは構造上、短期間に広い面積のコーティングを必要とする塗装面だと、メッキング被膜がよけいムラになりやすく、ムラを見逃した場合、とるのが大変なため、塗装面はメッキングNGとさせていただいております。

自分の車のボディー塗装面にメッキング被膜を大量塗布したところ、ムラムラ被膜が5年くらい残ってしまいました。

メッキ加工の事ならNAKARAI

メッキ工房NAKARAI

フロントグリルをクロムメッキしましまた。

ナカライメッキに問い合わせ

 

メッキコーティングならメッキング

メッキのコーティング(保護剤)なら今話題のメッキング!【効果絶大】

メッキング画像

 

メッキ磨きならミガキング

ミガキングで磨く

ミガキング001

メッキサビ取りならサビトリキング

愛車のメッキ錆を綺麗に落とす方法&予防策【プロ解説】

サビトリキング画像

 

史上最鏡ケミカルを購入する

メッキの手入れは、メッキング&サビトリキングがおすすめです。

3つのKING

いますぐ注文する

 

メッキパーツの悩み相談なら

■メッキが剥がれた

■メッキのくみすがとれない

クロムメッキが剥がれた

詳しくは:メッキパーツ相談室まで

 

クロムメッキの事についてもっと知りたい方は

電気メッキイラスト図

装飾クロム参考画像・バイクカバー

詳しくはこちら:クロムメッキの全てが解る

クロムメッキ加工が可能です!