メッキ加工・塗装のNAKARAIクローム

メッキ加工が可能!

クロームメッキのサビ取りにサンポールはNG?一押しアイテムを紹介! クロームメッキのサビ取りにサンポールの使用はNGです。 とはいえ、「なぜサンポールを使用してはいけないのか?」「サンポールを使用するとどうなるのか?」「メッキのサビを取るにはどうすればいいのか?」といった、メッキのサビ取りについての疑問がたくさんあると思います。 そこでこの記事では、サビ取り専門のNAKARAIがメッキのサビ取りについて解説します。 クロームメッキのサビを取りたい方やサンポールでサビを取ろうと考えている方に、お役立ていただければと思います。 メッキのサビ取りにとりかかる前に、ぜひこの記事をご参考ください。

1、クロームメッキのサビ取りにサンポールはNG!

クロームメッキのサビ取りに、サンポールを使用してはいけません。 もっとも、バイク好き・自転車好きの中では金属にサンポールを使用すると、サビが取れやすいといった家庭の知恵をよく耳にします。 しかし、クロームメッキは例外です。 まずは、「クロームメッキにサンポールを使用するとどうなるのか?」「サンポールがNGである理由は?」といった2つの疑問を解消していきましょう。

1-1.メッキのサビ取りにサンポールを使用するとどうなる?

クロームメッキのサビ取りにサンポールを使用して磨くと、クロームメッキがくすんでしまいます。 原因は、サンポールの主成分の塩酸によってクロームメッキが剥がれることで、下地のニッケルメッキがでてしまうためです。 クロームメッキは、塩酸・塩素系化合物が付着すると容易に溶けてしまいます。クロームメッキの最大弱点は塩酸で被膜が溶けてしまうことです。 そのため、メッキのサビ取りにサンポールは絶対にお避けいただきたいです。

1-2.サンポールがNGである理由は?

サンポールを使用するとくすみができてしまう原因は、サンポールの主成分「塩酸」によるものです。 確かに、サンポールを使用すると酸性に反応してサビは取れますが、大切なクロームメッキが反応して溶けてしまったのでは、本末転倒だと言えます。 そのため、サンポールだけではなく、酸性のケミカル剤、特に塩酸系はクロームメッキと相性が非常に悪いのです。 サンポールと同じ成分のケミカルは? 『デオライト-L』(和協産業) 塩酸配合の尿石除去剤「デオライト」 サンポールと同じように塩酸が配合されているのが尿石除去剤の「デオライト」です。 塩酸に加えて他の酸性成分も加えられていて、こちらもクロームメッキには厳禁です。 サンポールなど塩酸系のケミカル剤の他にも、研磨剤の入ったサビ取り剤・ケミカル剤は、大半のものがサビと一緒にメッキも研磨して傷つけてしまい、サンポール同様黒いくすみや目立つ傷がついてしまいます。 よって、クロームメッキのサビ取りを行う場合は、「塩酸でないケミカル剤」「酸性でないケミカル剤」「メッキに影響を与えない研磨剤」という3つの条件に注意しておきたいですね。 では次に、サンポールを使わず、メッキのサビ取りを行うベストな方法をご紹介しましょう。 メッキを傷付けず、サビをきれいに取り除けますよ。

2、メッキのサビを取るベストな方法!

メッキのサビを取るベストな方法は、クロームメッキに作用しないサビ取り剤を使用することです。 サビトリキングで磨いたクロームメッキ被膜の図 先ほどもご説明した通り、酸性でないものを選ぶ必要があります。 また、メッキのサビ取りを行うときには、サビ取り剤の他に除去したサビを巻き込んでくれる、特殊なクロスを使用することが大切です。 一般的なクロスであると、除去したサビがクロスに付着し、メッキを傷付けてしまう可能性があります。 そのため、メッキのサビ取りクロスも特殊なものを選びましょう。 メッキのサビを取った後は、サビの再発防止のためケミカル保護皮膜剤のご使用がお勧めです。 もっとも、メッキのサビ防止のためには研磨剤で磨くのではなく、ケミカル保護皮膜剤で上から覆わないと効果がありません。 メッキングの効果 メッキングを利用したクロームメッキ被膜の図 クロームメッキは、構造上目に見えない無数の穴が開いていて、そこへ水やホコリが侵入し、腐食してサビます。 そこで、ケミカル保護皮膜剤をこの無数の穴に流し込み、硬化させ、この穴を上から塞いで耐食性を向上させるのです。 つまり、クロームメッキに作用しないサビ取り剤でサビを取り、ケミカル保護皮膜剤で耐食性を向上し、再発を防止するのです。 ただ、クロームメッキに作用しないサビ取り剤やケミカル保護皮膜剤と言われても難しいと思います。 そこで次は、メッキのサビ取りに便利な一押しアイテムをご紹介します。

3、メッキのサビを取るのに便利なアイテムをご紹介!

メッキのサビ取りには、メッキ専門店NAKARAIがクロームメッキのサビトリ剤に配合した『サビトリキング』が一押しです。 サビトリキングの写真 『サビトリキング』は、研磨剤が入っているものの、クロームメッキを剥がさず効果的にサビを除去できる優れたサビ取り剤です。 何より、『サビトリキング』はNAKARAIがメッキのサビ取り専用に開発したサビ取り剤で、クロームメッキのサビ取りにもっとも効果的なものです。 また、『サビトリキング』にはメッキ専用の特殊クロスが付属しているため、メッキに悪影響を与えず、大半のサビを『サビトリキング』だけでらくらくとってしまいます。 そして、この『サビトリキング』は機能性の高さから、数々のバイク・自動車雑誌に掲載された実績もあります。 例えば、旧車雑誌「オールドタイマー」、ハーレー雑誌「クラブハーレー」、絶版バイク雑誌「Zeppan Bikes」、トラック雑誌「カミオン」、ジェットスキー雑誌「HOT WATER」、台湾でもっとも人気な自動車・バイク雑誌「一手車訊」などがあります。 バイク雑誌とメッキングを合わせたイメージ写真 その上、雑誌の他にもバイク好きで有名な俳優・タレント「岩城滉一」さんにも『サビトリキング』後に『メッキング』を塗布する事で「メッキに深みが出る」とお褒めの言葉をいただき、多くの方に絶賛されています。 タレント「岩城滉一」さんと撮った写真 実際の『サビトリキング』の効果は、サビ取り剤の中でトップのサビ取り効果を発揮し、もちろんクロームメッキを傷付けない優れものです。 サビトリキングの効果が分かる写真 クロームメッキのサビ取りには、ぜひメッキ専門店NAKARAIが開発した『サビトリキング』をご参考にしてください。 そして、サビ取りが完了したら、NAKARAIが5年の独自研究で生み出した『メッキング』で、サビ防止をお勧めします。 『メッキング』は、メッキをサビさせることなく、確実にメッキの穴を塞げます。 メッキングを塗布したものとそうでないもの メッキングの効果を比較する実験2 クロームメッキのサビについて困っている方は、ぜひ『サビトリキング』『メッキング』をご参考にしてください。 詳しくはこちら:『NAKARAI

4、まとめ

もうメッキの錆は怖くないメッキング&サビトリキングで安心

クロームメッキのサビ取りに、サンポールは使用してはいけません。 サンポールの主成分は塩酸で、クロームメッキを溶かしてしまい、下地のニッケルメッキがでてしまうのでNGです。 そのため、クロームメッキのサビ取り時には、「塩酸系でないケミカル剤」「酸性でないケミカル剤」「メッキに影響を与えない研磨剤」という3つの点に注意して、クロームメッキに作用しないサビ取り剤を選ぶことが大切です。 また、メッキのサビ取り後はすぐに、メッキにある目に見えない無数の穴をメッキケミカル保護皮膜剤で塞いで再発を防止しましょう。 クロームメッキのサビを取りたい方や、メッキのサビ取りにサンポールを使おうと考えていた方には、ぜひこの記事をお役立ていただければと思います。 そして、実際にメッキのサビ取りを行う場合は、ぜひメッキ専門店NAKARAIから発売している『サビトリキング』と『メッキング』をご参考にしてくださいね。

!åNAKARAI
ʥ饤åǷޤ!
åùǽ!

クロームメッキのサビ取りにサンポールはNG?一押しアイテムを紹介! クロームメッキのサビ取りにサンポールの使用はNGです。 とはいえ、「なぜサンポールを使用してはいけないのか?」「サンポールを使用するとどうなるのか?」「メッキのサビを取るにはどうすればいいのか?」といった、メッキのサビ取りについての疑問がたくさんあると思います。 そこでこの記事では、サビ取り専門のNAKARAIがメッキのサビ取りについて解説します。 クロームメッキのサビを取りたい方やサンポールでサビを取ろうと考えている方に、お役立ていただければと思います。 メッキのサビ取りにとりかかる前に、ぜひこの記事をご参考ください。

1、クロームメッキのサビ取りにサンポールはNG!

クロームメッキのサビ取りに、サンポールを使用してはいけません。 もっとも、バイク好き・自転車好きの中では金属にサンポールを使用すると、サビが取れやすいといった家庭の知恵をよく耳にします。 しかし、クロームメッキは例外です。 まずは、「クロームメッキにサンポールを使用するとどうなるのか?」「サンポールがNGである理由は?」といった2つの疑問を解消していきましょう。

1-1.メッキのサビ取りにサンポールを使用するとどうなる?

クロームメッキのサビ取りにサンポールを使用して磨くと、クロームメッキがくすんでしまいます。 原因は、サンポールの主成分の塩酸によってクロームメッキが剥がれることで、下地のニッケルメッキがでてしまうためです。 クロームメッキは、塩酸・塩素系化合物が付着すると容易に溶けてしまいます。クロームメッキの最大弱点は塩酸で被膜が溶けてしまうことです。 そのため、メッキのサビ取りにサンポールは絶対にお避けいただきたいです。

1-2.サンポールがNGである理由は?

サンポールを使用するとくすみができてしまう原因は、サンポールの主成分「塩酸」によるものです。 確かに、サンポールを使用すると酸性に反応してサビは取れますが、大切なクロームメッキが反応して溶けてしまったのでは、本末転倒だと言えます。 そのため、サンポールだけではなく、酸性のケミカル剤、特に塩酸系はクロームメッキと相性が非常に悪いのです。 サンポールと同じ成分のケミカルは? 『デオライト-L』(和協産業) 塩酸配合の尿石除去剤「デオライト」 サンポールと同じように塩酸が配合されているのが尿石除去剤の「デオライト」です。 塩酸に加えて他の酸性成分も加えられていて、こちらもクロームメッキには厳禁です。 サンポールなど塩酸系のケミカル剤の他にも、研磨剤の入ったサビ取り剤・ケミカル剤は、大半のものがサビと一緒にメッキも研磨して傷つけてしまい、サンポール同様黒いくすみや目立つ傷がついてしまいます。 よって、クロームメッキのサビ取りを行う場合は、「塩酸でないケミカル剤」「酸性でないケミカル剤」「メッキに影響を与えない研磨剤」という3つの条件に注意しておきたいですね。 では次に、サンポールを使わず、メッキのサビ取りを行うベストな方法をご紹介しましょう。 メッキを傷付けず、サビをきれいに取り除けますよ。

2、メッキのサビを取るベストな方法!

メッキのサビを取るベストな方法は、クロームメッキに作用しないサビ取り剤を使用することです。 サビトリキングで磨いたクロームメッキ被膜の図 先ほどもご説明した通り、酸性でないものを選ぶ必要があります。 また、メッキのサビ取りを行うときには、サビ取り剤の他に除去したサビを巻き込んでくれる、特殊なクロスを使用することが大切です。 一般的なクロスであると、除去したサビがクロスに付着し、メッキを傷付けてしまう可能性があります。 そのため、メッキのサビ取りクロスも特殊なものを選びましょう。 メッキのサビを取った後は、サビの再発防止のためケミカル保護皮膜剤のご使用がお勧めです。 もっとも、メッキのサビ防止のためには研磨剤で磨くのではなく、ケミカル保護皮膜剤で上から覆わないと効果がありません。 メッキングの効果 メッキングを利用したクロームメッキ被膜の図 クロームメッキは、構造上目に見えない無数の穴が開いていて、そこへ水やホコリが侵入し、腐食してサビます。 そこで、ケミカル保護皮膜剤をこの無数の穴に流し込み、硬化させ、この穴を上から塞いで耐食性を向上させるのです。 つまり、クロームメッキに作用しないサビ取り剤でサビを取り、ケミカル保護皮膜剤で耐食性を向上し、再発を防止するのです。 ただ、クロームメッキに作用しないサビ取り剤やケミカル保護皮膜剤と言われても難しいと思います。 そこで次は、メッキのサビ取りに便利な一押しアイテムをご紹介します。

3、メッキのサビを取るのに便利なアイテムをご紹介!

メッキのサビ取りには、メッキ専門店NAKARAIがクロームメッキのサビトリ剤に配合した『サビトリキング』が一押しです。 サビトリキングの写真 『サビトリキング』は、研磨剤が入っているものの、クロームメッキを剥がさず効果的にサビを除去できる優れたサビ取り剤です。 何より、『サビトリキング』はNAKARAIがメッキのサビ取り専用に開発したサビ取り剤で、クロームメッキのサビ取りにもっとも効果的なものです。 また、『サビトリキング』にはメッキ専用の特殊クロスが付属しているため、メッキに悪影響を与えず、大半のサビを『サビトリキング』だけでらくらくとってしまいます。 そして、この『サビトリキング』は機能性の高さから、数々のバイク・自動車雑誌に掲載された実績もあります。 例えば、旧車雑誌「オールドタイマー」、ハーレー雑誌「クラブハーレー」、絶版バイク雑誌「Zeppan Bikes」、トラック雑誌「カミオン」、ジェットスキー雑誌「HOT WATER」、台湾でもっとも人気な自動車・バイク雑誌「一手車訊」などがあります。 バイク雑誌とメッキングを合わせたイメージ写真 その上、雑誌の他にもバイク好きで有名な俳優・タレント「岩城滉一」さんにも『サビトリキング』後に『メッキング』を塗布する事で「メッキに深みが出る」とお褒めの言葉をいただき、多くの方に絶賛されています。 タレント「岩城滉一」さんと撮った写真 実際の『サビトリキング』の効果は、サビ取り剤の中でトップのサビ取り効果を発揮し、もちろんクロームメッキを傷付けない優れものです。 サビトリキングの効果が分かる写真 クロームメッキのサビ取りには、ぜひメッキ専門店NAKARAIが開発した『サビトリキング』をご参考にしてください。 そして、サビ取りが完了したら、NAKARAIが5年の独自研究で生み出した『メッキング』で、サビ防止をお勧めします。 『メッキング』は、メッキをサビさせることなく、確実にメッキの穴を塞げます。 メッキングを塗布したものとそうでないもの メッキングの効果を比較する実験2 クロームメッキのサビについて困っている方は、ぜひ『サビトリキング』『メッキング』をご参考にしてください。 詳しくはこちら:『NAKARAI

4、まとめ

もうメッキの錆は怖くないメッキング&サビトリキングで安心

クロームメッキのサビ取りに、サンポールは使用してはいけません。 サンポールの主成分は塩酸で、クロームメッキを溶かしてしまい、下地のニッケルメッキがでてしまうのでNGです。 そのため、クロームメッキのサビ取り時には、「塩酸系でないケミカル剤」「酸性でないケミカル剤」「メッキに影響を与えない研磨剤」という3つの点に注意して、クロームメッキに作用しないサビ取り剤を選ぶことが大切です。 また、メッキのサビ取り後はすぐに、メッキにある目に見えない無数の穴をメッキケミカル保護皮膜剤で塞いで再発を防止しましょう。 クロームメッキのサビを取りたい方や、メッキのサビ取りにサンポールを使おうと考えていた方には、ぜひこの記事をお役立ていただければと思います。 そして、実際にメッキのサビ取りを行う場合は、ぜひメッキ専門店NAKARAIから発売している『サビトリキング』と『メッキング』をご参考にしてくださいね。

åùǽǤ!