メッキング&サビトリキング・メッキパーツ

史上最鏡のメッキ保護剤メッキング

*

ハーレーダビッドソンのスタンダートモデルであるFLHR103をメッキパーツで輝きを保つ

      2017/02/27

FLHR103は、ハーレーダビッドソンのファミリーの中でもスタンダードでブランドの伝統を色濃く受け継いでいるモデルだと言えるでしょう。
脱着可能なウインドシールドは大きく、高い防風性能という実用性に加えてデザインにも昔懐かしさを与えるというエッセンスを加えてくれます。
また、大き目のメッキヘッドライトやメッキウインカーなども存在感があって、このFLHR103の売りとなっています。
全体的には、車高が高くボディー幅が広いという印象を与えます。
そのため、身長の高いアメリカ人には乗りやすいのですが、女性や身長が低めの日本人には取り回しが苦労する設計となっています。
もちろん、これはどのハーレーダビッドソンのモデルにも共通していることですので、上手に取り回しを行うことでその弱点を補えるでしょう。
実際に走り出してしまえば、エンジンのパワフルさと安定感を存分に味わえます。
そして、FLHR103に搭載されている前後のブレーキを自動的にコントロールしてくれるシステムが、高速走行を安心できるものとしてくれます。

このハーレーダビッドソンのFLHR103は、クロームメッキの美しさが生えるデザインとなっています。
特徴的なフロント周りのメッキパーツに加えて、燃料タンクの上部に取り付けられたメーターやコンソールプレートは、輝くメッキパーツで作られています。
もちろん、ボディーの中心部や下部は基本的にメッキパーツで構成されていますので、全体的にメッキの存在感が強い印象です。
メッキはメンテナンスをしっかりとしないとサビが出てしまい、取り除くが大変になりますので、メッキ加工をすぐにすることが肝心です。
メッキ表面をコーティングするメッキ加工をすれば、劣化を防げますし美しい輝きを失うことがありません。

そのためにも、NAKARAIのメッキングを使ったメッキ加工を試してみると良いでしょう。
特殊なコーティング剤を使用していますので、サビの原因となるホコリや油、水をはじいてくれます。
鏡のような輝きも同時に出てきますので、見た目上のプラスポイントも大きなものがあります。
バイカーのあこがれの的であるハーレーダビッドソンを美しくしておくことは、オーナーの責任でもあるのです。

 - メッキパーツ , , ,


Warning: Unknown: 1 result set(s) not freed. Use mysql_free_result to free result sets which were requested using mysql_query() in Unknown on line 0