メッキング&サビトリキング・メッキパーツ

史上最鏡のメッキ保護剤メッキング

*

人目を引くハーレーダビッドソンのFLTRX103はメッキ塗装できれいに保つ

      2017/02/23

FLTRX103は、ハーレーダビッドソンの他のモデルと比べてみると、車高が低いという印象を与えます。
そして、流れるようなデザインとスポーティーな雰囲気を与えるため、ハーレーダビッドソンの中でも少し異色なイメージを持っています。
実際、開発に当たってはデザイン性を重視した設計がなされています。
特にアメリカで大きな人気を呼んでいるバガースタイルを取り入れているため、ツーリングバイクの基本にチョッパーススタイルがミックスされているのが特徴となっています。
また、フロント周りのパーツが印象的です。
ヘッドライトカバーがなかったり、スクリーンが低い位置に取り付けられていたりするなどのポイントが他のモデルと比べると、よりスタイリッシュな印象を与えます。
また5スポークのホイールを表情装備していますので、よりスポーティーなイメージが強くなっていると言えるでしょう。

ハーレーダビッドソンのバイクは全体的にクロームメッキの露出部分が多いという傾向がありますが、このFLTRX103は逆にメッキパーツが少なめです。
トランクの金具などもボディーと同じ素材とペイントを用いているなど、下部にメッキパーツが見えるだけとなっています。
そのため、スタイリッシュなボディー部分との対比を上手に見せるために、クロームメッキの輝きをしっかりと保つようにすることが大事です。
ボディー下部にあるメッキパーツはメッキマフラーを筆頭に、どうしても路面からの水かぶりや熱による劣化などで見た目が悪くなってしまいがちです。
このような事態を防ぐためにも、早い段階でメッキ加工をするようにしましょう。
傷が付いたりたくさんサビが発生したりと、状態が悪くなってからメッキ加工をしても手遅れになってしまうことがありますので、状態が良いうちにすることが重要です。

メッキングはメッキ加工をするのにとても便利な商品で、週末のメンテナンスの際に一緒に行うことができます。
メッキタンクなどのパーツに液を数滴付けて、最鏡仕上げクロスで丁寧に仕上げれば完成です。
手間をかけることなく楽々メッキ加工ができますので、FLTRX103の良さを最大限引き出すのにとても便利です。
やはり、ハーレーダビッドソンは街中でもツーリングでも注目を浴びるバイクですので、いつでもきれいな状態にしておきたいものですね。

 - メッキパーツ , , ,


Warning: Unknown: 1 result set(s) not freed. Use mysql_free_result to free result sets which were requested using mysql_query() in Unknown on line 0