メッキング&サビトリキング・メッキパーツ

史上最鏡のメッキ保護剤メッキング

*

スポークホイールのメッキパーツコーティング加工なら

      2017/01/28

NAKARAIはスポークホイールのメッキングを提案します。
スポークホイールは単車をより魅力的に演出してくれます。
スポークホイールの製造方法は鍛造と鋳造があり、アルミニウムに加えて鉄やマグネシウムなどを加えて合金加工します。
鍛造は鋳造よりもゆがみに強く、耐久性に優れています。鋳造タイプもありますが、サビが付きやすいというデメリットがあります。
サビが付いてしまうと、サビ落としが大変ですし、サビがさらに付きやすくなってしまうのでメンテナンスに苦労します。
お客様からもスポークホイールのメンテナンス方法のお尋ねをいただきますが、日頃からサビがつかないようにホイールをよく拭き上げておくように提案しています。
あとは仕上げにホイール用のワックスをかけることで美しさを保てます。

サビ付きの程度が浅ければ前述の方法で対処できますが、サビが広範囲に広がってしまうとプロの手を借りないと対処できなくなります。
サビ付きの原因になるのが水分と塩分で、融雪剤がまかれている道路を走行したり、海沿いをツーリングしたりすると塩分が付着してサビの原因になります。
すぐに水洗いすればある程度防げますが、水洗いをせずに放っておいてしまうと、メッキの下にサビが侵食してしまいます。
時折メッキが浮き上がった状態のホイールを見かけますが、原因はホイールのメンテナンス不足です。
サビ付きがひどい場合には、メッキングをお勧めしています。
メッキングなら金属や樹脂にメッキを吹きかけてメッキパーツコーティング加工が自分でできます。

スポークホイールにメッキングを使用した状態を見てもらうとよくわかってもらえるのですが、メッキパーツコーティング加工をするとサビ付きが全く目立たなくなりますし、輝きがいっそう増します。
お客様からは、友だちからホイールを新しく替えたの?と聞かれることもあるといわれました。
メッキパーツコーティング加工はスポークホイールだけでなく、ハンドルや燃料タンクなどにも応用ができます。
自分好みにカスタマイズができます。
NAKARAIの販売するメッキングはメッキパーツ加工をサポートします。
スポークホイールのサビ防止のお手入れやドレスアップならNAKARAIが販売しているメッキングがおすすめです。

 - メッキパーツ , , ,


Warning: Unknown: 1 result set(s) not freed. Use mysql_free_result to free result sets which were requested using mysql_query() in Unknown on line 0